2011年09月12日

伊勢丹で気仙沼のカツオ!

今日は 東京の中の気仙沼を探すことにしました。

世田谷区の「クィーンズ伊勢丹(砧店)」にいきました。
SN3S0351.jpg
買い物の幸福を感じる店構えです。

気仙沼から根かぶとろろが入っていました。
SN3S0344.jpg

宮城県産のカツオを発見。
SN3S0347.jpg

「宮城のどこ?」と魚の担当者さんに質問したところ、

「気仙沼だよ!」と威勢のいい返事が帰ってきました。

さっそく購入。今日はこれで宴会?です。
だんだん増えていくのが楽しみです。

posted by 気仙沼まちなか復興ブログ at 15:09| Comment(0) | 日記

2011年09月04日

青龍寺 気仙沼 地蔵尊まつり2011

青龍寺の地蔵盆のおまつりの動画です。盛大でした。

posted by 気仙沼まちなか復興ブログ at 16:00| Comment(0) | 日記

2011年08月30日

気仙沼の鹿踊り

今日は、気仙沼の歴史について詳しい山内繁さんから気仙沼文化のお話しをうかがいました。
なかでも早稲谷地区の鹿踊りが興味深かったです。
12WASEYA.JPG
県指定無形民俗文化財に指定されており、毎年旧暦6月24日だそうです。
見る機会があればなあと思いました。


転載
気仙沼市のホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/bunkazai/siteibunkazai/miyagi-no-bunkazai/09minzoku/02minzoku/ken/12kesennuma.htm
posted by 気仙沼まちなか復興ブログ at 02:16| Comment(0) | 日記

2011年08月28日

気仙沼まちなか復興ワークショップ


8月28日(日)、東日本大震災で被災した気仙沼市の中心市街地の復興を考える「気仙沼まちなか復興ワークショップ」が青龍寺(気仙沼市八日町)にて開催されました。主催は、南町地区、魚町地区、八日町地区の有志メンバーで、協力が東北工業大学・早稲田大学です。
SN3S0231.jpg

冒頭に呼びかけ世話人の島田英樹さん、3町の有志それぞれの方から、「3町の関係者がいっしょに集まり、まちなか復興を考えてゆきたい」とあいさつがありました。
SN3S0237.jpg

最初に早稲大学都市・地域研究所の阿部俊彦研究員からワークショップの説明があり、まずは「まちあるき」です。

港の駐車場の屋上に登りました。晴れて最高の景色。
SN3S0245.jpg

東北工業大学の今西肇教授から「気仙沼の内湾は天然の良港。この景観美は海外にも例がない素晴らしい財産」とお話しがありました。

南町地区、魚町地区、八日町地区、それぞれ3チームに分かれて歩きます。

魚町地区は、70cm地盤沈下しています。ちょうど満潮時で、海水で道路が冠水していました。
SN3S0241.jpg

潮だまりプール状態です。
SN3S0242.jpg

青龍寺に戻り、感想を大きな地図に書き込みます。
SN3S0251.jpg

「歴史文化の伝統を活かしたい」「海への眺望を重視したい」どんどん意見が出ます。
SN3S0255.jpg

ワークショップのとりまとめのファシリテーター(進行役)は大忙し。
SN3S0261.jpg

3つの町会の共通の意見、それぞれ個性が整理できました。
SN3S0252.jpg

参加者一同興味津々です。
SN3S0266.jpg

いただいた意見をまとめで、また3町で共有します。

最後に、東北工業大学今西肇教授、早稲田大学早田宰教授、関西学院大学長峯純一教授、産業技術総合研究所大場光太郎副部門長(筑波大学教授兼務)からそれぞれコメントをいただきました。

まちなかの商店街や町会関係者、そして参加した一般市民でこれからも連携し、連名で行政にまちなか復興スタートを呼びかける方向で話し合い、閉会しました。

posted by 気仙沼まちなか復興ブログ at 19:11| Comment(0) | 日記

2011年08月27日

気仙沼で震災後はじめての地蔵盆

震災後はじめての地蔵盆。東日本大震災後、はじめてのお盆、ここ気仙沼の八日町で8月27日(土)「青龍寺地蔵盆まつり」の行事が盛大に開催されています。
SN3S0212.jpg
お地蔵様は「慈悲・慈愛・まごころのよりどころ」だそうです。

17時から慰霊・復興祈願の「万灯会法要会」の法要で行事が始まりました。
SN3S0158.jpg

お経に、お焼香の列が続きます。
SN3S01640001.jpg

早稲田のまちなか復興支援隊の学生も飛びいり参加。ステージであいさつさせていただきました。
SN3S0168.jpg
島田英樹さんが明日のまちなか復興ワークショップのPR。

地蔵盆の主役は子供たちです。
SN3S0182.jpg
SN3S0189.jpg

その後は縁日の前でテーブルを囲んで楽しいゆうべのはじまりです。
SN3S0176.jpg
地域の方、支援者の方で、すごいにぎわいです。昨年の倍の参加者だそうです。

ステージでは、踊り、ササキシンヤさんのマジック、カシューボックスのアコースティックライブ。
躍力(SHAKA-RIKI)のパフォーマンス、気仙沼市民吹奏楽団の演奏が続きます。

アコーディオンを演奏しているのは桑田康司さん。
kuwata01.JPG

川越の路上で演奏していたところ関係者に誘われ、気仙沼への参加を決意されたそうです。
行事の間中、心あたたまる音で盛り上げてくださいました。

最後の締めは、太鼓学舎「ね」。
SN3S0210.jpg
太鼓の音が夕闇の気仙沼のまちなかに響きます。
圧巻だったのは、最後の海潮音(みしおね)という曲。青龍寺の工藤霊龍さんらが青年会議所のとき太鼓学舎「ね」と作曲した曲だそうです。圧巻でした。

灯篭のさゆらぎ。
SN3S02260002.jpg
地域の皆さんの協力による行事の準備、盛大な開催に力強いまちなか復興を感じます。

明日はまちなか復興ワークショップです。
SN3S0228.jpg

posted by 気仙沼まちなか復興ブログ at 21:35| Comment(0) | 日記